アラサーは正真正銘お肌の曲がり角!!脱毛とスキンケアはセット考えよう

アメリカロサンゼルスへの留学を経て、日焼けも乾燥も全く気にせず太陽と風をいっぱい浴びてきた私のお肌。
20代半ばまではその代償を感じることなく過ごして来れましたが、やはり、迫り来る30代を目前にして、今自分のお肌の曲がり角をひしひしと感じています。
特に脱毛をすることで保湿も大事になり、それもあってチャンと感が射せられるようになりました。

もともとTゾーンは油性肌で、お化粧崩れもひどかった私。
しかし、あぶらとり紙や皮脂防止の化粧下地で暑い夏もなんとか乗り切っていました。
が、やはり肌の衰えには勝てないと実感したのがこの冬のこと。それまでさほど気にならなかった「乾燥」にとことん悩まされる年になりました。厄介なのは、保湿しても保湿しても潤わないUゾーンと、それによって引き起こされる所謂「大人ニキビ」です。それまで荒れ知らずだったフェイスラインに、真っ赤な炎症ニキビがぽつぽつと。しかも、若い頃のニキビと違ってなかなか治ってくれません。ニキビケア商品をつかっても、30代目前の私にはあまりにさっぱりしすぎていて物足りない…。余計に乾燥を感じるようになり、藁にもすがる思いで駆け込んだのが母のオススメする基礎化粧品ブランド、「アクセーヌ」でした。ネットで調べたところ、口コミもほぼ自分と同年代。大人の敏感肌にぴったりという口コミを信じて、カウンターに赴きました。そこでインナードライだという想像通りの診断結果を頂き、お風呂上がりのケアをアクセーヌで統一することに。使い始めて3週間、真っ赤な炎症ニキビが落ち着き始め、敏感肌にもピリつきのない優しい使い心地にホッとしているこの数日です。